第二新卒看護師 クリニックへ転職

看護師1年目の転職

看護師1年目でクリニックへ転職したい

投稿日:

看護師1年目、クリニックへ転職できる?

看護師1年目だけど、辞めてクリニックに転職したい

新卒看護師として就職して働き始めたけれど、仕事が忙しすぎる、プリセプターの先輩ナースと上手くいかない・・・夜勤も始まって見事に失敗をやらかしてしまい、もう仕事に行きたくない・・・

看護師1年目だけどもう辞めたい!

転職するならクリニックが良いな、働きやすそう。

でも、入職して1年目で病院を辞めることに不安を感じていて・・・という看護師さんも多いのではないでしょうか。

クリニックは経験豊富な看護師しか採用しないところばかりではありません。

新卒看護師、第二新卒看護師の採用を行っているクリニックもあります。

クリニックでも教育体制を整えて、新卒看護師や1年目、2年目の看護師を採用しているところもありますので、そうしたクリニックの看護師求人をお探しになると良いでしょう。

看護師1年目、クリニックへ転職を目指す場合の注意点、利用すべき転職エージェントについてご紹介しています。

看護師1年目、クリニックへ転職できる?

第二新卒看護師の転職理由

看護師1年目でクリニックに転職できる?

というと、転職はできます

実際に看護師転職エージェントを経由して1年目の看護師さんなど第二新卒看護師の採用を行っているクリニックへの転職をされています。

もう職場を変えるしか無い、というところまで気持ちが追い詰められている看護師さんもいると思います。

辞めたいと思っているのに変化を求めなければ、毎日同じことの繰り返しとなります・・・。

看護師1年目でもクリニックへ転職できますので、希望される場合には情報収集をぜひ始めてみてください。

お住まいのエリアによって、見つかるクリニック求人数には差があります。

東京都はやはり看護師求人数は多いといえます。

看護師1年目の転職でクリニックを目指すのでしたら、エージェント経由が良いでしょう。

求人探しから面接対策まで、様々な転職サポートをしてもらうことができます。

後ほど、初めての転職でもしっかりサポートしてもらえる看護師専門の転職エージェントをご紹介しています。

「新卒看護師はまず3年は病院、クリニックはそれから。ママさんナースが多い職場」

といったこともよく言われるのですが、新卒看護師を受け入れているクリニックは意外とありますよ!

新卒看護師を受け入れているクリニック

内科クリニックへ第二新卒で転職

「新卒看護師はまず病院で看護技術を身に付けることが大切。新卒ではクリニックはオススメしない、将来の転職先」

と言われることが多かったものですが、近年はクリニックでもしっかりと教育体制を整えて、看護師として技術・スキルを身に付けられるように指導するところも増えてきています。

とはいっても、病棟のような看護技術は身に付けられませんから、クリニックへの転職にあたっては注意点もあります。

クリニックは総合病院や大学病院の病棟と比べて教育体制は整っていないことが多いのは仕方ありません。

クリニックならではの働きやすさもあり、人気の高い転職先となっています。

無床クリニックも多いですから、重症患者さんの対応が無く、精神的なプレッシャーが少ない働き方ができます。

また当然ですが、無床クリニックで勤務する場合には夜勤無しです。

  • 新卒看護師
  • 第二新卒看護師

を受け入れているクリニックも意外とありますから、ぜひ転職エージェントや求人サイトを利用してお探しになってみてください。

といった新卒看護師さんも多いと思います。

採血ができないけれど、クリニックに転職できる?

看護師1年目、注射や採血に自信が無い・・・

という方も多いのでは、と思います。

採血の経験がほとんど無い、という1年目看護師さんも多いのではないでしょうか。

大学病院を辞める看護師さんは、採血経験なしでしょう。

クリニックによっては確かに採血スキルを採用の基準として重視するところもあります。

しかし、新卒看護師を採用しているクリニックの場合には、先輩ナースや、時にはドクターもスキルアップのために腕を貸してくれるような職場もあります。

自分でそうした職場の詳しい情報を得るのは難しいですから、看護師転職エージェント経由での情報収集をおすすめします。

職場の詳しい情報を持つエージェントからクリニックの詳細を聞いて、応募を検討することができます。

どういったクリニックなのか事前に分かりますから、不安を軽減して転職活動をすることができるメリットがあります。

新卒看護師、看護師1年でも転職を目指せるクリニック求人

新卒看護師、看護師1年目など経験が浅くても転職を目指せるクリニックの看護師求人を探してみましょう。

転職エージェントを利用して探してみました。

いずれもサポートが手厚く、初めての転職でもしっかりと転職先を探すことができます。

マイナビ看護師

転職を希望する看護師さんへのサポートの手厚さなどから、利用者満足度が非常に高い、マイナビ看護師です。

転職エージェントとして最初に登録される看護師さんも多いようです。

⇒ マイナビ看護師

「クリニック・診療所」

「新卒歓迎」

という条件で看護師求人を調べてみました。

229件の看護師求人が見つかりました。
(2020年9月23日の求人情報となります)

マイナビ看護師

他の転職エージェントと比較して、多い情報量となりますよ。

医療ワーカー

看護師求人数が業界トップクラスの医療ワーカーでも探してみました。

⇒ 医療ワーカー

でクリニックで新卒看護師の採用も行っているところを探してみると、147件の求人が見つかりました。

(2020年9月23日の求人情報です)

医療ワーカー

ジョブメドレー

看護師求人サイトのジョブメドレーを利用しても「クリニック・診療所」「新卒可」の求人を調べてみました。

⇒ ジョブメドレー 看護師

494件の求人数が見つかりました。
(2020年9月27日の求人情報です)

ジョブメドレー

意外とある、クリニック・診療所の新卒可看護師求人

上記のようにクリニックで新卒看護師の採用を行っているところを探すことができます。

その多くは第二新卒看護師可ともなっていますから、転職先の候補として情報収集を行ってみてください。

転職活動をする時期としては、9月、10月頃は看護師求人は少ない時期といえます。

年末年始、年明け1月から求人が増える時期です。

その時期からはさらに多くのクリニックが求人を出すと考えられます。

どうしても今すぐ転職をしなければ限界を迎えてしまう・・・という場合には、早く退職した方が良いかもしれません。

しかし、もう少し待ってみて、自分に合った転職先となるクリニックを探してみたい、という場合にはあらかじめ転職エージェントに登録をしておかれることをおすすめします。

履歴書や職務経歴書の作成アドバイスを受けながら準備をして待つ、いつでも応募できるようにしておくのもおすすめですよ。

看護師転職エージェントによって、所有している求人は異なりますので、本格的に転職活動をスタートする場合には、複数の転職エージェントを利用されての情報収集がおすすめです。

クリニックと病院との違い

病院からクリニックへ転職をする場合、その違いを抑えておくことも大切です。

簡単に病院とクリニックの違いをまとめてみましょう。

スキルアップよりもプライベートの充実に向いた職場

病院は研修・教育体制が整っているところが多く、看護師を育成することに力を入れています。

勉強会が多い病院も多いですよね。

その負担が嫌で転職を考えている1年目看護師さんもいらっしゃると思います。

クリニックは休日もカレンダー通り、残業も少ないところも多くプライベート重視の看護師さんには最適な職場といえるでしょう。
(残業の多いクリニックもあるので、職場選びは慎重に)

ただし、新卒看護師を受け入れているクリニックの場合は、先輩看護師がしっかり指導をしてくれて必要な看護技術を身に付けられるため転職にあたっての不安は軽減されるでしょう。

クリニックの方が給料は安い

クリニックの多くは無床クリニックです。

そのため、夜勤がありません。

病院看護師の給与と比較すると、クリニック看護師の方が年収は低くなります。

その点は、事前に納得しておく必要はあるかなと思います。

クリニックは休日、連休が多い

クリニックは基本的にはカレンダー通りの休みです。

それに加えて、ドクターの学会などで休みが加わることも多いでしょう。

クリニックは連休が多いこともメリットです。

ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始など大型連休となる職場も多いのでは。

連休を利用しての国内、海外旅行、帰省などもしやすいのはクリニックで働くメリットではないでしょうか。

新卒や第二新卒を募集をしているクリニックを見つけるための看護師転職サイト

クリニックの看護師求人を探す際に、おすすめの看護師転職サイトを改めてご紹介いたします。

看護師求人を探すことができる求人サイトもたくさんありますから、自分で探しても良いのですが、転職成功率は低くなるでしょう。

経験豊富な看護師は引く手あまたで、すぐに転職先も決まりやすいですが看護師1年目の転職となると、経験の浅いことが難易度を高くしてしまいます。

転職はできますが、難しいということを前提に転職活用に取り組まれることが必要です。

看護師1年目の転職でクリニックを目指す場合には、看護師転職サイトを利用して、エージェントからアドバイスを貰いながら進めた方が良いでしょう。

ちなみに、どの転職エージェントを利用したとしても必ず紹介された求人に応募しなくてはならないといったことはありませんし、納得のいかない対応などがあった場合などは途中で利用をストップしても大丈夫です。

ネットの口コミも参考程度にしながら、実際に相談して対応を見極めるのが良いと思います。

マイナビ看護師

マイナビ看護師はサポートの手厚さ、求人数の多さから最初におすすめしたい看護師転職エージェントです。

相談会やセミナーも充実しています。
相談しやすいのもメリットだと思います。

拠点数も大手のマイナビは多いことも特徴です。

カバーしているエリアが広く、多くの医療機関の情報を得られます。

全国の看護師求人に対応。
業界トップクラスの求人数を扱っていますので、クリニックについても情報収集がしやすいのはメリットでしょう。

看護師経験の浅い方の転職にもおすすめです。

⇒ マイナビ看護師

医療ワーカー

看護師求人数、業界トップクラスの医療ワーカーです。

転職活動を進めるスピード感が早い特徴があります。

もう今の病院で働くのは限界、早く辞めたい・・・など早く転職先を決めたい看護師さんは活用してみてはいかがでしょうか。

求人数が多く情報収集には便利な転職エージェントです。

全国対応です。

クリニックの看護師求人をお探しになる際にも便利です。

⇒ 医療ワーカー

ナース人材バンク

紹介実績No.1!ナース人材バンクです。

大手転職エージェントとして多くの実績があります。

ナース人材バンクは求人数が豊富。
新卒者や第二新卒看護師へ研修が充実している病院などを探す際にもおすすめです。

公式サイトでは求人が探しにくいのがデメリットかなと思います。

登録してコンサルタントに探してもらう必要があるでしょう。

スピード感のある転職支援が特徴ともいえます。
連絡は多めかもしれません。

早く転職先を決めて今の職場を辞めたい、といった看護師さんも活用してみてください。

⇒ ナース人材バンク

ジョブメドレー

看護師求人サイトです。

上記の転職エージェントとは異なり、自分で「新卒可」「クリニック・診療所」で求人を探して応募することになります。

自分のペースでじっくり転職先を探したい看護師さんにおすすめです。

⇒ ジョブメドレー 看護師

看護師1年目でクリニックへ転職する際の注意点

看護師1年目でクリニックに転職することは可能ですが、注意点もいくつかあります。

今後の看護師としてのキャリアが制限される可能性もありますが、ずっとクリニックや健診センターでプライベートと両立してイキイキとお仕事されている看護師さんもいらっしゃいますから、どういった働き方をしていきたいのか次第ともいえるでしょう。

実際、看護師1年目でクリニックに転職して、その後自分らしく看護師の仕事を続けている方も多いです。

無理に我慢して働き続けて、精神的に追い込まれてしまうのだけは避けた方が良いと思います。

乗り越えられる方もいるでしょうし、乗り越えられない方もいると思います。

自分に合った働き方ができる職場で働くのは一番ではと思ってしまいます。

技術が身に付かない

看護師の基礎を身に付けるには病院勤務の3年が大切、といったことがよく言われます。

クリニックで身に付く看護技術には限界があります。

業務に必要ないスキルは身に付かないと考えた方が良いでしょう。

そのため病院勤務の同期と比較すると、看護技術や経験の面でかなり遅れるのは仕方ありません。

ただし、将来的にクリニックなどを中心として働き続けるのであれば、特に問題は無いと思います。

1年目の転職(早期離職)は、今後の面接で不利になることが多い

看護師1年目、2ヶ月、3ヶ月での早期離職は、その後の面接で不利になることが多いです。

しばらくは面接で必ず早期離職について質問されるでしょう。

採用担当者や面接官が心配するのは、

「採用してすぐに短期間で辞めないか?」

といったことです。

同じことを繰り返すことを心配しています。

ですから早期離職となる看護師1年目の転職では、面接対策がとても重要となります。

反省点を踏まえ、次の職場では長く働きたいことをしっかりとアピールする必要があります。

キャリアを積んで、長期間働いた経歴ができてくると質問されることもなくなってきます。

辞めるにしても、半年であってももうすぐ1年になる時期であっても、短期離職であることは間違いありません。

面接官が納得できる転職理由、長くしっかり働くつもりであることをアピールすることが必要となります。

看護師1年目、クリニック求人は限られてしまう

元々、病院と比較してクリニックの看護師求人は少なめです。

さらにその中でも看護師1年目で転職を狙えるクリニックを探しますから、応募出来る求人数が少なくなります。

地域によっては、応募出来るクリニックが数軒しか見つからない・・・といったこともあるかもしれません。

基本的には、多くのクリニックは臨床経験が豊富な即戦力の看護師を歓迎していますからね。

そのため、看護師1年目の転職では、転職先を見つけるまでに時間がかかる可能性もあります。

早めに転職活動をスタートすることをおすすめします。

将来的に病棟に戻りにくい

将来的にまた病棟に戻りたいかも・・・といった1年目看護師さんもいると思います。

ちょっと未練はある。

その場合、もしクリニックに転職するとしても、早い時期に転職を試みることが必要になります。

クリニックで身に付く看護技術は限られていますから、クリニック経験が長くなるほど病院に戻りにくくなります。

第二新卒看護師の間であれば、まだ病棟へ転職しやすいといえるでしょう。

未経験OKの病院を狙っても転職は可能かもしれません。

クリニックの勤務歴が長くなるほど、病棟に戻れる可能性は低くなると考える必要があります。

もし病棟に未練がある、戻りたい気持ちもある、といった場合には早めに転職活動をする必要があるといえます。

ただし、短期離職が続くと非常に印象が悪くなってしまいます。

そのため、数年はクリニックで勤務して経歴を作った方が良いです。
短期離職が連続すると、需要が高い看護師とはいえ、転職が難しくなります。

看護師1年目でクリニックへ転職するには

看護師1年目の転職でクリニックにすることについて、おすすめの転職エージェント、注意点などをご紹介しました。

看護師1年目でクリニックに転職することは可能です。

クリニックとはいっても、様々です。

新卒を歓迎するクリニックもあります。

経験が浅い看護師1年目の転職としては、教育体制の整っているクリニックを選びたいところですね。

転職する診療科によって身に付く看護技術は変わってきます。

看護師1年目で転職を目指す場合には、色々と条件があり応募出来ないクリニックもあるでしょう。

職場の詳しい情報も知りたいです。

そのため、看護師転職エージェントのサポートを活用して転職活動を進められることをおすすめします。

⇒ マイナビ看護師

がおすすめ転職エージェントとなります。

相談は無料ですし、今すぐの転職では無くても相談が可能です。

ぜひ活用して自分に合った職場探し、転職先探しをしてみてください。

-看護師1年目の転職
-,

Copyright© 看護師1年目、2年目の転職は難しい? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.