第二新卒看護師 クリニックへの転職

第二新卒看護師 転職

第二新卒 看護師の就職先

投稿日:

第二新卒 看護師 就職先

看護師1年目、2年目の転職は、第二新卒看護師として転職活動をお考えになると思いますが、就職先にはどういったところを考えることが出来るでしょうか。
第二新卒でありながらも退職、ブランクありで再就職を目指す看護師さんもいらっしゃると思います。
経験が浅い第二新卒看護師を採用しているのは病院だけではありません。
他にも就職先を考えることが出来ますので、これから希望する働き方、積みたい経験、希望のキャリアなども含めて職場探しをされてみてはと思います。
志望動機がしっかりしていれば、第二新卒看護師を積極的に採用してくれる医療機関、施設は見つかりますよ!

第二新卒看護師の就職先

第二新卒看護師の転職
第二新卒看護師の就職先、転職先として実際に求人を探すことができる職場にはどういったところがあるでしょうか。

職場によって得られる経験、身に付く看護技術・スキルなども変わってきますので今後希望するキャリアや働き方によっても、職場選びをすることが必要です。

大学病院、総合病院

看護師経験が1年未満、という第二新卒の看護師さんの場合、やはり「経験が浅い」ことに悩みをお持ちの場合も多いと思います。

看護師として基礎を身に付けるには、病院での勤務経験が欠かせませんがその中でも教育体制が整っている、

  • 大学病院
  • 総合病院

選ばれることが良いのではないでしょうか。

中でもやはり身に付くのは急性期病棟です。

看護師としてこれからどういったキャリアを積みたいかビジョンを持つのも実際難しいとは思いますが、急性期を経験すること、全身について理解を得ることは必ず役立つと言えます。

病棟を経験しておくことで、将来の転職の際に選択肢が増えることになります。

とはいえ、新人看護師として入職したのが急性期病棟。
そこでの夜勤あり激務な働き方ゆえに体調を崩して退職・・・

といった経験をされていれば、急性期病棟は絶対にイヤ、といったこともあるかもしれません。

病棟といってもそこまで激務ではない職場もあります。

療養期、回復期、リハビリテーションを専門的に学んでみる、といった選択肢も良いかもしれません。

今後、在宅のニーズもさらに高まっていきます。
そうした働き方を選んでも良いかもしれませんね。

全ての病棟が激務ではありませんから、どういった働き方をしていきたいか、経験を積みたいか、一度時間をお取りになってみて考えてみてはいかがでしょうか。

クリニック

近年、クリニックでも第二新卒看護師を歓迎、中途採用を行っているところも増えてきました。

無床クリニックも多く、日勤のみで働けることも魅力に感じている看護師さんも多いと思います。

多くのクリニックは大学病院や総合病院の病棟を比較をすると、教育体制が整っていないという印象があると思います。

確かに実際そうしたところも多いのですが、「第二新卒看護師歓迎」と書くようなクリニックの中には教育体制を整えて経験が浅い看護師を採用し、しっかり技術を身に付けて活躍出来るようにというところもあります。

もちろん、病棟で学ぶような看護技術などは身に付かないかもしれませんが、そのクリニックの診療科目においてはスキル、知識が身に付くようになっている場合は多いと言えます。

クリニックとはいっては有床クリニックでオペ数が多いところもありますよね。
医師によりますが、先端技術の導入に積極的で設備投資も行い、病院よりも最新機器を持っている場合もあります。

クリニックだから学ぶ事ができない、ということはありません

就職先をしっかりと選ぶことで、今後の看護師としてのキャリアの可能性を広げていくことは出来るのではないでしょうか。

資格取得支援制度などがあるかどうかも、確認された方が良いでしょう。

訪問看護ステーション

訪問看護師としての仕事に興味をお持ちの新卒看護師、第二新卒看護師の方もいらっしゃるかもしれません。

近年では、訪問看護ステーションでも新卒・第二新卒看護師を採用しているステーションが増えてきました。

病棟経験が無い、浅いと訪問看護は難しい・・・というイメージをお持ちの看護師さんも多いと思うのですが、今は教育体制を整えて訪問看護で必要な知識、スキルを身に付けていけるようになっています。

その背景には訪問看護師の深刻な不足があります。

先輩と同行して学ぶ事はもちろん、患者さん一人ひとりによって違いますから情報共有の仕組みを作り、ステーション全体でカバーできるようになっていると、経験が浅い看護師さんでも働きやすいのではないでしょうか。

在宅について実際に経験をすることは、将来的に病院へ転職するにしても退院後の患者さんの生活が理解できていますから、きっと看護業務に役立つといえるでしょう。

第二新卒、経験が浅い看護師の転職活動を成功させるには

第二新卒の看護師として転職を成功させるには、いくつかのポイントを抑えることが大切といえます。

また同じような理由から退職したい・・・と悩んでしまうのはイヤですよね。
短期間での転職を繰り返してしまうことも避けたいです。

いくら転職しやすい看護師、とはいえ、短期間での転職回数が増えてしまうと採用されにくくなります。

20代で転職回数が4回、5回といったことになってしまうと、さすがに多いですよね。

第二新卒で転職回数が3回、なども多いといえるでしょう。

1つの職場でしっかり経験を積むことは、特に20代の看護師さんには基礎を身に付けるためにも重要といえますので、第二新卒としての転職だからこそ転職先選びは慎重に行う必要があるといえます。

前の職場での悩みを解決できること

前の職場での悩み、つまり「転職理由」を解決できることは大前提です。

病院を辞めたい・・・と思った理由を転職する事で解決出来なければ、転職は失敗といって良いでしょう。

短期離職につながりかねません。

  • 人間関係
  • しっかり教えてもらえなかった
  • 激務で体調を崩した
  • 希望の部署ではなかった

転職理由が複数ある看護師さんも多いかもしれませんね。

こうした転職理由を次の職場で解決できるかどうかは、事前の情報収集が重要です。

職場の内部情報(人間関係、夜勤の忙しさ、夜勤体制、緊急対応の頻度など)は個人レベルでは情報収集が難しいです。

そのため、病院やクリニック、施設などの内部情報に詳しい看護師紹介会社を利用しての転職活動が一般的です。

志望動機の作成、面接対策

第二新卒看護師の場合、やはり面接が重視されます。

どういった転職理由なのか、志望動機はどうか、本当にやる気があるのか、長く働く気持ちはあるのかどうか、など様々なことを面接官は知りたいと思っています。

短期間での退職は事実ですから、忍耐力などに疑問を持たれるのは仕方ありません。

第二新卒看護師の受け入れに積極的な病院、クリニックだからといって全ての看護師さんを採用するわけにはいきません。

「うちの病院に合うナースかな?教育体制にしっかり付いてこれるだろうか?」

といったことも考えながら面接を行っているものです。

面接では前向きな気持ちで、受け答えの内容をポジティブにすることが大切です。

嘘をつく必要はありませんが、退職理由をネガティブに言う、周りのせいにするのではなく出来るだけポジティブな理由として伝えることが、採用されるためのポイントとなります。

とはいえ、面接対策は一人では難しいと思います。

そこで、看護師紹介会社を利用して履歴書、職務経歴書の添削、志望動機の作成アドバイス、面接対策(模擬面接)を行ってもらう方法をオススメしています。

⇒ 第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社

第二新卒看護師の転職成功事例も聞いてみてはと思います。

これからの職場選びに参考になると思いますし、1年目、2年目の転職に関しても自信が持てるのではないでしょうか。

-第二新卒看護師 転職
-, ,

Copyright© 第二新卒看護師の転職は難しい? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.