新卒・第二新卒看護師 訪問看護で働く

第二新卒看護師求人

新卒・第二新卒(未経験可)訪問看護師求人

投稿日:

新卒・第二新卒看護師 訪問看護で働く

新卒・第二新卒(未経験可)訪問看護師求人が増えています。

新卒、新人看護師が訪問看護師になるのは無理、臨床経験を3年、5年以上と積んでからでなければ難しい、といわれた状況は既に過去といえそうです。
数年前から新卒で訪問看護師採用が増え始めていましたが、近年はその流れが加速。
新卒・第二新卒歓迎の訪問看護師求人が増えています

病院とは違う患者さんに寄り添った働き方ができる訪問看護に興味をお持ちの新卒・第二新卒看護師の方も多いと思います。

ここでは、訪問看護師の仕事、新卒向け訪問看護師求人がなぜ増えてきているか。
また、新卒・第二新卒(未経験可)訪問看護師求人が見つかりやすい看護師転職サイトについてもご紹介をしています。

新卒・第二新卒看護師でも訪問看護師になれる!

過去には新卒看護師はもちろんこと、1年目、2年目の第二新卒看護師も訪問看護師になるのは難しい、と言われてきました。

まず最初に病院で看護技術をしっかりと身に付けないと在宅は難しい、ということでした。

確かに訪問看護師は患者さんのお宅で臨機応変に自分の判断で対応する場面が多く、全身の知識も必要ですし、患者さんそれぞれの病状、状態に応じて対処が必要です。

少なくとも基本的な看護技術が身に付いていないと、難しいと考えられてきました。

しかし、今は訪問看護師の深刻な人手不足もありますし、新人看護師が学ぶべき病院の病床数の削減もあり思うように基礎技術を身に付ける場、それ自体が減ってきているという問題もあります。

そのため研修・教育体制を充実させ、新人看護師であっても、経験1年目未満の第二新卒看護師であっても採用して教育をして訪問看護師として活躍してもらう、という方向性に変わってきています。

こうした傾向は新聞記事からも見て取ることが出来ます。

訪問看護師の新卒採用に関しての新聞記事は、この数年で増えてきていますね。

訪問看護の新人看護師採用は全国的な傾向となっています。

意外とある、日勤常勤の訪問看護師求人

訪問看護師求人を調べていると、意外と夜間対応無し、オンコールなし、日勤常勤の求人が見つかることが分かります。

急性期病棟での夜勤で体力的に限界、激務が退職理由という第二新卒の看護師さんにとっては、日勤常勤の転職先はいずれも興味を持てるものではと思います。

転職先の希望として、日勤常勤であること、といった条件もお持ちの場合にはその旨、看護師転職エージェントの担当者にお伝えになってみてください。

可能な限り、希望条件に沿って看護師求人を探してもらうことが出来ます。

またその際には、必ず訪問看護ステーションを見学されることをオススメします。

実際に見学して訪問看護師の仕事、職場環境を見ることが出来ればとても参考になります。

実際にその訪問看護ステーションに応募するに至ることもあるでしょうし、やっぱりちょっと違うかも、と応募を止めることになるかもしれません。

看護師転職エージェントを間に介することで、こうした見学相談などもしやすくなります。

経験が浅くても働きやすい職場探しをするために活用になってみてください。

新卒看護師向け訪問看護師求人が増えた理由

過去には訪問看護師になるためには、規模の大きな急性期医療機関でしっかりと臨床経験を積み、その後に訪問看護部門へ異動、訪問看護ステーションへ転職といったキャリアパスを経ることが一般的といえました。

しかし今は急性期病院の病床数の削減、入院期間の短縮、在宅医療への移行強化もあり、新卒看護師が十分に臨床経験を積める場そのものが減ってきているという事情もあります。

それに加えて訪問看護師が圧倒的に足りていないという状況もあり、医療機関においても教育体制を整え、新卒看護師を訪問看護に配属するケースも増えてきていきます。

また、訪問看護ステーションにおいても同様に研修・教育体制を整えて新卒看護師や第二新卒看護師を積極的に採用し、育てて訪問看護師として通用するようにしているところも増えています。

経験を積んでから訪問看護師として転職、ではなく、訪問看護師として経験を積めるキャリアパスが増えてきている状況があります。

こうしたことから、新卒看護師向け、第二新卒看護師歓迎の訪問看護師求人が増えているといえます。

今後益々在宅医療が増加することが予想されますから、さらに多くの未経験可の訪問看護師求人も増えていくのではないでしょうか。

新卒・第二新卒看護師が訪問看護で歓迎される理由

流れとしては、新卒看護師・第二新卒看護師の採用は今後も増加していくと考えられます。

その大きな理由は、やはり訪問看護師不足が深刻なこと。

「訪問看護アクションプラン 2025」では、訪問看護に従事する職員が15万人必要としていますが、

厚生労働省の資料によると、

訪問看護ステーションの従事者数(常勤換算)は看護師約33,000人、准看護師約3,500人、理学療法士約6,600人、作業療法士約3,000人であり、いずれの職種も年々増加している。全従事者に占める看護職員の割合は73%であり、低下傾向である。

とされます。

引用元:厚生労働省 分科会 訪問看護(参考資料)

臨床経験を積んだ看護師を訪問看護ステーションに配属することも難しさがあります。

それであれば、やる気のある新卒看護師、第二新卒看護師を採用して教育、長く活躍してもらいたい、という流れに変わってきています。

実際、訪問看護ステーションでの仕事は大変です。
移動も多く、体力が必要な場面もあ多いです。

子育てをしているママさんナースはパート希望が多いですし、新卒や第二新卒といった若い看護師が常勤の訪問看護師として活躍出来ることを期待する声は大きいと言えます。

様々な背景から、新卒・第二新卒看護師が訪問看護でも歓迎されるようになってきています。

新卒・第二新卒の看護師を歓迎する訪問看護ステーションを探すには

新卒看護師、第二新卒看護師の採用も行っている訪問看護ステーションを探すには、求人を豊富に取り扱っている看護師紹介会社を活用する方法が便利と言えます。

職場の詳しい情報収集を行っていますから、次のような訪問看護ステーションを中心に探してもらうことをおすすめします。

  • 研修・教育体制が整っている
  • 新卒、第二新卒看護師の採用に積極的
  • 新卒、第二新卒看護師採用の実績がある(活躍している)

緊急用携帯は訪問看護師として一人で対応できる自信が付くまで持たなくて良い、といった点も条件にしたい看護師さんも多いかと思います。

気になる点があれば、看護師紹介会社の担当者を介して職場に確認をしてもらうことも出来ます。

訪問看護師になるために異業種転職を目指す30代、40代の新人看護師の方もいらっしゃると思います。

希望条件で働くことが出来る訪問看護ステーションを見つけるため、情報収集を行うためには、次にご紹介するような看護師紹介会社の活用をオススメいたします。

未経験可、訪問看護師求人が豊富な看護師紹介会社

新卒看護師の方や、経験の浅い第二新卒の看護師さんが訪問看護師求人をお探しになる場合、全ての訪問看護ステーションに応募出来るわけではありません。

応募可能な訪問看護ステーションを探すことがまず必要となりますし、本当に研修・教育体制が整っている訪問看護ステーションに就職しなければ大変です。

また出来れば、見学もされた方が良いでしょう。

そうした条件をクリアして訪問看護師求人を探すには、転職支援のプロを活用する方法がオススメです。

⇒ マイナビ看護師

⇒ 医療ワーカー

⇒ 看護のお仕事

といった看護師紹介会社をオススメさせて頂いています。

いずれも全国対応の看護師紹介会社となりますので、地方都市お住まいの看護師さんでも情報収集に便利にご活用になることが出来ます。

⇒ 第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社

でそれぞれの看護師紹介会社をご紹介していますので、合わせてご覧になってみて頂ければと思います。

-第二新卒看護師求人
-,

Copyright© 第二新卒看護師の転職は難しい? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.