新人看護師の退職理由

病院を辞めたい

新人看護師が病院を辞めたい理由

投稿日:

新人看護師 辞めたい理由

新人看護師で辞めたいと思った瞬間がある方はとても多いと思います。
毎日、辞めたい・・・とまさに今、お考えになっている新人看護師の方も多いかもしれません。
入職して働き始めてから理想と現実のギャップの大きさがあったり、生死に関わるプレッシャーの大きさに参ってしまったり、先輩ナースからの指導が厳しすぎたり、自分のミスの多さ大きさから看護師が向いていないと悩んだり・・・人間関係に悩む新人看護師の方も多いのではないでしょうか。
辞めたい理由、原因を解決出来ることもありますし、出来ない事もあります。
ただ看護師の仕事は続けたい、とお考えになる場合には相談、配置換え、転職など、色々な選択肢をもつことが大切かなと思います。

1年目 新人看護師が病院を辞めたい理由

理想を抱いて就職した病院、新人看護師として真摯に学ぶ気持ちで毎日頑張っていたけれど・・・いつしか毎日「辞めたい」と考えるようになってしまう。

新卒看護師の離職率はこの数年は、約8%前後で推移しています。
12人に1人は辞めるという状況です。

どういった理由から、新人看護師が病院を辞めたいと思ってしまうのか、多く挙げられる辞めたい理由には次のようなものがあります。

ミスを繰り返してしまう、重大なインシデント

新人看護師はミスをして当たり前、なのですが、やはりミスを繰り返してしまうと、

「看護師が向いていないのでは・・・」

と悩んでしまうものですよね。

ミスの中には重大な事故に繋がりかねないものもあるかもしれません。

大切な事は、ミスをどう減らしていくか、フォローするか。
迅速に先輩看護師に相談して対処することも大切になります。

患者さんから怒られるとやはり凹みますよね・・・。

厳しく怒る先輩もいると思います。

厳しい指導、しかられ方から辞めたいと思うこともあるかもしれません。

しかし、先輩看護師も新人看護師の頃に同じようなミスをしている経験があり、一つのミスの怖さを知っているからこそ厳しくしているのかもしれません。

患者さんの生死に関わる責任の重さ、プレッシャー

看護師の仕事は生死に関わる責任の重さがあります。

特に急性期で働く新人看護師にとっては、目の回るような忙しさの中、患者さの生死に直面する場面もあり、責任の重さに改めて大きなプレッシャーを感じることもあるのではないでしょうか。

看護学生の時と異なり、自らが向き合うには大きすぎるプレッシャーに、看護師の仕事が向いていない、辞めた方が良いのかもしれない、と考えることもあるのではと思います。

対処に失敗したり、インシデントを起こしてしまった場合には、さらに看護師に向いていないと考えてしまうでしょう。

新人看護師が辞めたいと思うきっかけとして、多いと言われます。

先輩ナース、同僚との人間関係(いじめ、嫌がらせなど)

看護師は女性が大部分を占める職業です。
男性看護師が増えてきているとはいっても、ほとんどいない職場、病院もまだまだ多いでしょう。

中には、いじめ、嫌がらせを受けていると悩んでいる新人看護師の方もいるかもしれません。
残念なことですが、そうしたことは実際に起きています。

そうしたことでは無くても、理不尽なことがあったりと複雑な人間関係に嫌気がさしてしまい、もっと働きやすい、人間関係が良い職場へ転職したいと考えることは少なくないのではないでしょうか。

人間関係で理不尽、納得できない扱いを受けている場合には、看護師長、看護部長などへ相談するのが第一となりますが、師長が原因といったこともあり得ます。

どうしても無理、解決出来そうもない・・・といった場合には、転職するのが最善、といったケースもあります。

しっかり教えてくれない(看護技術が身に付かない)

職場によっては、先輩看護師が忙しすぎててプリセプターにも関わる、ほとんど仕事を教えてもらえない、ほったらかし・・・といった状況になることもあるようです。

新人看護師ですから、判断できないで対処が出来ないことも多々あります。

症状が辛く困っている患者さんを前に、間違った処置もできません。
サポートして欲しいのにしもてらえない。

板挟みにあって、精神的に参ってしまう・・・といった状況が続き、しっかり看護師の基礎を学べる病院で改めて働きたい、と転職を決意する新人看護師のケースもあります。

激務で体調を崩してしまった

看護師の仕事は激務です。

特に夜勤が始まると、日勤、夜勤と不規則な働き方もあり体調を崩してしまう新人看護師さんは多いようです。

人手不足の職場も多く、新人看護師にも過度な労働になっている可能性もあります。

体力的にもキツく、精神的にもキツイ働き方となってしまい体調を崩してしまう看護師さんも少なからずいます。

さらに追い詰められてしまうと、うつ病などに繋がりかねません。

上司に相談して異動など考慮してもらえると良いのですが、現実的には新人看護師がいきなり配置換えなどは難しいです。

そのため、激務による体調不良などを理由として転職される看護師さんは多いようです。

看護師紹介会社に登録される看護師さんの中にも、もう少し体力的に働きやすい病院やクリニックへ転職希望、と登録される方は多いそうですよ。

今の職場を辞める前に出来ることは?

今の職場を辞めたい・・・と思う理由は看護師さん一人ひとりに色々あると思います。

人手不足の看護師ですから、辞めても再就職先は見つかります。
しかし、1年未満で辞めてしまう場合には職場探しに苦労する可能性があります。

上司に相談することで改善出来る可能性はありませんか?

同期に相談したり、信頼出来る先輩ナースに相談することで打開策を見いだす事は出来ないでしょうか?

実は同じ悩みを持っていて・・・といった可能性もあります。
1人では難しくても、2人、3人と複数でなら職場の環境改善が出来る可能性などもあるかもしれません。

どうしても改善が難しいと言った事もあるとは思います。

その場合には、最終的にはやはり退職してもっと働きやすい職場を探したり、スキルアップが出来る病院選びをするといったことになるでしょう。

今の病院を辞める、と決断するのもひとつの方法です。

そうなると、今度は新人看護師が退職に成功するための対策が必要となってきます。

新人看護師に限りませんが、退職の意思を伝えた場合には引き留めがありますので、引き留めを突破することが必要となります。

看護師長、看護部長とそれぞれの引き留めを振り切って、退職しなくてはなりません。

そうした新人看護師の退職に関してはまた別途まとめたいと思います。

第二新卒看護師として、採用ニーズはあります。

ですから、もし1年目、2年目で退職することになったとしても、看護師の仕事を続けたいという気持ちがあるのでしたら、転職先をみつけることは可能です。

ただし、同じ理由で次の転職先を再び辞めたい、と思ってしまわないように転職先選びには注意が必要です。

こちらの記事では、第二新卒看護師の転職、成功のポイントについて触れています。

第二新卒看護師の転職

第二新卒看護師の転職は難しい?

病院の中には教育体制を整えて、経験の浅い看護師(第二新卒看護師)を積極的に受け入れて採用しているところもありますので、情報収集が大切となります。

精神的、体力的にギリギリの場合には退職してから転職先を探すという看護師さんもいらっしゃるかもしれませんが、多くは在職しながら次の転職先をお探しになるではと思います。

情報収集に活用をおすすめしたい、

⇒ 第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社

も合わせてご紹介しています。

教育体制を整えて、第二新卒を歓迎する病院、経験の浅い看護師を積極的に受け入れている病院などはあります。

そうした働きやすい病院をぜひお探しになってみてください。

-病院を辞めたい
-,

Copyright© 第二新卒看護師の転職は難しい? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.