第二新卒看護師の転職、成功のポイント

第二新卒看護師として転職することは可能です。
今の勤務先の病院で辛いことがあったり、思うように基礎を学ぶことが出来ずに悩んでいる・・・といった場合、思い切って転職をする選択肢もあります。

新人看護師として1年目、そして2年目の看護師としてであっても、第二新卒看護師として転職することは出来ます。
次の病院選び、転職先選びには失敗したくないという第二新卒の看護師さんも多いと思います。
病院の中には教育体制を整えて、経験の浅い看護師(第二新卒看護師)を積極的に受け入れて採用しているところもあります。
そうした病院を狙って転職活動しなければ、第二新卒看護師として転職が難しくなる可能性があります。

転職活動には、第二新卒看護師歓迎の病院からの求人も取り扱う、看護師紹介会社を利用する方法がオススメです。

第二新卒看護師の転職

第二新卒の看護師が転職する場合、次の転職先選びは特に重要ですよね。

もし仮に次の病院でも早期に退職したい状況になってしまった場合、履歴書はすっかり辞めやすい看護師という印象を与えるものとなってしまいます。

第二新卒の看護師さんこそ、次の転職先選びは慎重に行う必要があります。

経験が浅い中で転職を決断するのはなかなか簡単では無いと思いますが、精神的・体力的に限界を迎えてしまう前に転職した方が良いケースも実際あるでしょう。

第二新卒看護師の転職先として、抑えておきたい条件は次の2つです。

  • 研修・教育制度が整っている病院
  • 第二新卒看護師を過去に採用しており、活躍している職場

研修・教育制度が整っている病院

第二新卒として、まだまだ覚えなければならないことがある、手技・技術に関しても自身が無い・・・という看護師さんは多いのでは、と思います。

そのため即戦力として扱われるよりも、新卒看護師と同様に改めて学び直せるような研修・教育制度が整っている職場を希望される看護師さんも多いでしょう。

急性期病院の中にも教育体制を整えて、中途の看護師がしっかりとスキルを身に付けられるようにサポートしている病院も少なくありません。

看護師として経験を積むにはやはり急性期が一番、というのはあります。

ただし、以前の職場で夜勤・日勤の激務で体調を崩して辞めた看護師さんは、働き方に注意が必要かもしれません。

急性期以外にも、教育制度を整えている病院はありますからそうした職場を探してみても良いかと思います。

第二新卒看護師を過去に採用しており、活躍している職場

過去に第二新卒看護師を採用した実績がある職場だと、受け入れもスムーズに進むと考えられます。

初めて第二新卒看護師を採用する、という場合には上手く教育制度が機能しないことも考えられますし、ほったらかしになる可能性もあります。

採用実績のある職場の場合、先輩看護師に第二新卒の方もいるでしょう。

自分が転職してきた当時の苦労から、悩みやすいことをアドバイス、サポートしてもらえることも期待でき、中途での入職でも働きやすさがあります。

第二新卒看護師ならではの悩み、スキルの低さなどが改めて悩みになることもありますから過去に第二新卒の採用実績があり、活躍しているかどうかも重要な転職先選びのポイントといって良いでしょう。

第二新卒看護師 転職成功のポイントとは

第二新卒看護師の転職成功のポイントは、やはり前職の悩みを解決出来るかどうかです。

病院を辞めたいと思った原因、転職理由をしっかりと解決出来る職場を選ばなければ、また同じ理由で転職を繰り返してしまう可能性もありますし、次こそは看護師という仕事が嫌になり、看護師自体を辞めてしまう可能性もあります。

前職でプリセプターからほったらかしにされたため、技術が身に付かずに危機感を覚えて転職を希望した、という場合には転職先の職場でプリセプター制度がしっかり機能しているかどうかの確認が必要です。

夜勤ありの働き方が激務で体調を崩した看護師さんの場合、日勤のみで働ける職場を選べるかどうかが重要なポイントになるかと思います。

人間関係のひどさ(いじめ)から退職を余儀なくされた場合には、人間関係の良い職場であることが優先条件になるでしょう。

そうした職場の内部情報に関しても、看護師紹介会社を利用することで情報を得ることが出来ますよ。

看護師紹介会社は看護師さん一人ひとりに合わせた職場を探してくれる存在です。

次の転職先へ希望する条件をあらかじめ明確にしておくことで、スムーズに職場探しをサポートしてもらうことが出来ます。

新人看護師 辞めたい、転職したい理由

新人看護師の離職率は毎年7.5%~8%の間となっています。
12人に1人が早期離職するという計算となります。

入職し、実際に働いてみてから分かることはとても多いですよね。

第二新卒看護師の離職理由としては、次のようなものが考えられます。
あなたが病院を辞めたい理由も、含まれているでしょうか?

  • 実際に看護師として働いてみての、理想と現実のギャップ
  • プリセプターへの不満
  • 職場での人間関係の悩み
  • 残業、研修なども含めた忙しさから体調を崩してしまって
  • 血が苦手
  • 夜勤の大変さ
  • 仕事を覚えられないことに対して自信を無くしてしまった
  • 仕事(生死)のプレッシャーに耐えられなくなった

他にも看護師さんによって、上記とは異なる理由から新卒入職した病院を辞めたい、転職して違う病院で働きたいという理由が様々あると思います。

働き始めてから、仕事が辛く毎日辞めたい・・・と考えている新人看護師さんもいるかもしれません。

看護師1年目でも転職は可能です

看護師1年目であっても転職は可能です。

入職して1年目、2年目、3年目といった経験の浅い第二新卒看護師を積極的に採用する病院もありますし、もう一度、新人看護師が頑張れる環境を用意してあげたい、という意識をもっている職場もあります。

看護師1年目、2年目の転職だと難しいのではないか・・・と思っている方も多いかもしれませんが、転職先を見つけることは可能です。

しかし、早期離職するということには間違いません。
次の病院も何らかの理由で退職したい・・・となってしまうと、さすがに短期間での転職が続いてしまうので、転職が難しくなってしまいます。

第二新卒看護師として、次の転職を成功させることが重要となります。

そのためにも、向き合うのは辛いかもしれないのですが、病院を辞めたい原因をしっかりと見極めることが大切です。

第二新卒看護師として、次の転職先にどういったことを求めるかも合わせて明確にすることが必要となります。

第二新卒看護師のメリットを活かした転職活動

看護師募集にあたり、第二新卒看護師を受け入れるか、受け入れないか。
これについては病院やクリニックなど医療機関によって、対応がハッキリと分かれてきます。

第二新卒看護師は採用しない、という病院があるのも事実です。

看護師不足により経験が浅いナースを採用しても教育する体制が取れないため、採用を避ける病院も実際あります。

しっかりと教わる事が出来ないのであれば、転職してしまってもまた不幸になる可能性がありますから、それはそれで納得といえます。

逆に、第二新卒看護師の若く体力があること、学び直す意欲が高いことをメリットとして、積極的に受け入れを行っている病院も多数あります。

積極的に第二新卒看護師を受け入れているとは言っても、全てのナースを採用するわけではありません。

病院に合う人材かどうか、本当にやる気があるのかどうか、辞め癖がついてはいないか、などはチェックされると考えて良いでしょう。

その際、やはり面接対策が重要となります。

志望動機をしっかりと伝わりやすく、熱意のあるものにし面接でアピールすることが重要です。

採用しても、また長続きしないのでは・・・といった疑いから第二新卒看護師の採用を見送るケースも考えられます。

そこで重要となるのが、転職理由と志望動機です。

第二新卒看護師としてのメリットをアピールしつつ、前向きな転職理由、そして志望動機を伝えることに力を入れましょう。

自分一人での転職活動に自信が無い場合には、看護師専門の転職エージェントを利用して、サポートを受けながら転職活動を進める方法が成功率も高くオススメです。

第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社

第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社をご紹介いたします。

マイナビ看護師

看護師転職に関して国内最大級のサービスであるマイナビ看護師は、第二新卒看護師向けの求人も多く見つけることが出来ます。

マイナビ看護師の公式サイトでは求人を調べることが出来ますが、

「未経験歓迎」+「新卒歓迎」で調べると、調査時点では1,385件の求人が見つかりました。
この中には第二新卒看護師の受け入れを行っている病院も多数あると考えられます。

非公開求人はさらに除きますから、マイナビ看護師を利用することで多数の求人情報を得ることが出来るでしょう。

マイナビ看護師 未経験OK看護師求人

利用者満足度も例年非常に高いマイナビ看護師。

また、マイナビは平成27年度(2015年) 厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得しています。

プライバシーマークも取得済みで、こうした部分も転職を希望される看護師さんが安心して利用できる、おすすめポイントとなっています。

⇒ マイナビ看護師

医療ワーカー

利用者満足度97%、看護師求人数も業界最大級の転職エージェントが、医療ワーカーです。

医療ワーカーでは第二新卒向け求人を探すことが出来ます。

フリー検索キーワードに「第二新卒」と入力して探すことも出来ますし、地域を選ぶと求人が多いエリアでは、人気のキーワードから調べることが出来ます。

  • 大阪府×常勤(夜勤あり)
  • 大阪府×常勤(日勤のみ)
  • 大阪府×常勤(夜勤のみ)
  • 大阪府×派遣
  • 大阪府×単発

といった中に、

「大阪府×第二新卒」

もあります。

医療ワーカー 第二新卒看護師求人

これは大阪府の第二新卒看護師向け求人となり、比較的、多い求人数となります。

求人を調べるタイミングによって求人数が変わりますから、東京や神奈川、愛知、京都、広島、福岡、札幌などお住まいの地域で求人をチェックされてみてはと思います。

登録してから、非公開求人も含めて担当コンサルタントに確認を取ってもらったほうが第二新卒看護師向け求人が見つかりやすいといえますので、ぜひ活用も検討してみてください。

医療ワーカーも同様に、平成28年度(2016年)に厚生労働省委託事業「職業紹介優良事業者認定制度」において「職業紹介優良事業者」事業者認定を取得しています。

安心して利用出来る看護師紹介会社として、オススメです。

⇒ 医療ワーカー

看護のお仕事

看護のお仕事

看護師求人の数・質、サポートの手厚さもあり非常にオススメなのが、看護のお仕事です。

職場の詳しい情報を持っていることから、第二新卒として次の職場に求める環境があるかどうかも、しっかりと確認をしてもらうことが出来ます。

プリセプターがしっかり機能しているかどうか、過去に第二新卒看護師が採用され活躍しているかなど、気になることも合わせて確認してもらってみてください。

利用者の評判・口コミも高評価が多く、サポートの手厚さからも第二新卒看護師の転職にオススメの看護師紹介会社の一つです。

⇒ 看護のお仕事

第二新卒 看護師の復職

新卒看護師として1年目、激務によって体調を崩してしまい退職せざるを得なかった方もいると思います。

その後、体調が回復して復職を目指したいという看護師さんもいらっしゃると思います。

第二新卒の看護師として復職を目指す場合には、再び同じ診療科、仕事内容で働ける職場へ再チャレンジしたい気持ちもあると思いますが、繰り返してしまう可能性があります。

2度目の退職にもしなってしまうのは避けたいですから、新卒看護師として入職した職場での働き方よりも少し体力的に楽な働き方ができる職場を選ばれることもお考えになってみてください。

また、看護師紹介会社を利用して退職に至る経緯を理解した上で採用を検討してくれる病院などを探すことも検討してみてください。

なかなか思うように復職先が見つからない期間もあるかもしれませんが、志望動機を前向きなものにし、健康状態に問題はないことをしっかりアピールされることで受け入れ先となる病院はきっと見つかるはずです。

それだけ第二新卒看護師は採用ニーズがあるともいえますので、広く求人情報を集めてみてはとと思います。

第二新卒看護師におすすめの職場

第二新卒の看護師さんの転職先として、おすすめの職場には次のようなところがあります。

それぞれ経験年数や希望の働き方によって、転職先として希望も変わると思いますが、次の職場は経験の浅い看護師歓迎、第二新卒看護師の採用を見つけやすい場合が多いです。

急性期病棟

忙しさは看護師の職場としてダントツといって良いですが、看護師としてのスキルを身に付けるには最も適している職場でもあります。

また急性期病院は新卒看護師・経験の浅い看護師向けの教育体制が整っている病院も多く、第二新卒の看護師の転職先としても適しているといえます。

急変対応も何度も経験することになりますので、迅速な対応なども自然と取れるように鍛えられていきます。

ただし、新卒で入った病院が急性期で激務により体調を崩して退職、といった看護師さんの場合には同じ道は踏みたくないと思います。

そのため、次に挙げるような回復期リハ病棟や、療養病棟、精神科病棟などもおすすめの職場です。

ただ、いずれの職場で働く場合でも急変の可能性はありますから、いざと言うときに対応できるようにならなくては、ということで第二新卒看護師として急性期を転職先に選ばれる方は少なくありません。

回復期リハビリテーション病棟

急性期病院と比較して、医療行為が少ないのが回復期リハビリテーション病棟です。

回復期リハ病棟では、急性期と比べてゆとりを持って働くことが出来る場合が多いのがメリットといえます。

回復過程にある患者さんに関わることで、前向きに看護師の仕事に取り組める方も多いのではと思います。

とはいえ急変する可能性も(急変リスクの高い患者さんがいることも)ありますし、決して楽な職場というわけではありませんよね。

しっかり患者さんと向き合い寄り添って看護をしていきたい場合には、回復期でのお仕事もやり甲斐の持てる職場となるのではないでしょうか。

経験が浅い看護師さん、第二新卒看護師の看護師を募集していることも多い職場の一つです。

療養型病棟

長期間、入院されている方が多いため、患者さん一人ひとりと向き合って看護をすることが出来る職場となります。
そうした働き方を希望される看護師さんにもおすすめの職場となります。

医療行為は急性期と比較すると少なくなりますので、手技を多く身に付けたいといった場合には不向きといえます。

高度な医療に携わる機会もほとんどありませんので、潰しが利きにくいというデメリットは挙げられます。

ただし、将来的にずっと療養、慢性期などを中心として働かれるのであれば特段のデメリットにはならないかと思います。

療養型病棟でも、急変時には救急処置を行いますから研修や先輩ナースからの指導で緊急対応のスキルを身に付けることが重要となります。

残業が少なく、看護師の仕事とプライベートを両立しやすい働き方もしやすい職場が多いため急性期の忙しさに疲れてしまって・・・という看護師さんも転職先として検討されてみてはいかがでしょうか。

精神科病棟

精神科病棟は専門性も高く、知識を深めることができる職場です。
より専門性を高め、精神科認定看護師を目指すといった道もあります。

総合病院・大学病院の精神科で働く場合には内科、外科などの病気を持っている人もいます。

施設で働くよりも技術は求められる職場といえます。
採血、点滴をする機会もあります。

精神科は手当が付く病院が多いため、高年収となることも期待できます。

訪問看護ステーション

第二新卒看護師の転職先として、訪問看護ステーションを選ぶこともしやすくなってきました。

訪問看護師不足から、教育体制を整えて新卒採用も行っている訪問看護ステーションもあります。
第二新卒の看護師も歓迎、という事業所も多いです。

ただし、全ての訪問看護ステーションがそうとは限りませんので指導・教育体制が充実しているかどうかを、事前にしっかりと情報収集することが重要となります。

高い看護スキルを身に付けることが出来ます。
在宅について知識、経験を積めることも訪問看護で働く大きなメリットです。

訪問看護は今後ますます需要が増えると考えられています。

こうした職場を含め、第二新卒看護師の転職先探しは、

⇒ 第二新卒看護師向け求人が多い看護師紹介会社

を活用されることで、職場の詳しい情報を得ながら進めることが可能となります。

良い職場があれば、応募ということでも問題ありません。
まずは自分に合った転職先があるかどうかの相談から始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 第二新卒看護師の転職は難しい? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.